行政書士は経営法務コンサルタント

 行政書士の仕事は、企業の経営についてアドバイスをし、法律に基づいてコンサルテーションをしていくことである。中小企業の経営法務コンサルタントなのである。
 仕事のできる近代的行政書士とはこういう人をいう。
 行政書士資格を活かす、近代的行政書士になるために、という観点からお話していくつもりである。
 そこで、
 第1章は、まず、行政書士とはどんな資格なのか、仕事を中心に述べた。
 第2章は、では、行政書士になるためにはどうしたらいいのかを解説した。
 第3章は、さらに、開業までに準備しておいてほしいことをお話ししておく。
 第4章は、そして、行政書士でガッチリ稼ぐにはどうすべきか具体的に述べた。
 第5章は、ここでは、全国で成功している行政書士の実例を上げた。
 第6章は、最後に、行政書士で成功するポイントを 9つにまとめた。

 行政書士を目指す人びとに真の情報を伝える。このようにやればいいというお話ではない。私たちはこのようにやってきたから、あなたもこうすればいいという、指針である。 
 こうすれば必ず成功するという具体的なマニュアルである。
 近代的行政書士になっていただきたい。そして、私たちと共に活躍していただきたい。

 1997年6月                                    桂 井 茂 敏