◆Bさん成功のポイント

 業務の研究に熱心なBさん、果たして研究熱心というだけで成功するのだろうか。
 「Bさんは風俗営業許可ができる。」という評判がたつと、その仕事がお客さんからの紹介、警察署からの紹介だけでなく行政書士からも紹介されてくるのである。
 たとえば建設業許可申請を専門にしているA行政書士が、風俗営業許可申請を依頼されたとすると、Aさんは、その依頼者を風俗営業許可申請を専門とするBさんに紹介する。専門ではない業務は専門の行政書士を紹介する。その方が合理的であり顧客のためである。
 このように、Bさんは仲間からの紹介も受けてますます風俗営業許可申請に実績と経験を積むことになった。その実績と経験がまた仲間内からの信頼に繋がり紹介が紹介を呼ぶことになっていった。
 行政書士の業務は、医者でいえば「内科」「外科」「眼科」「耳鼻咽喉科」のようにそれぞれ専門がある。頭が悪いのに耳鼻咽喉科へ行ってもしょうがない。内科で診察しても医者は循環器が専門だからと脳神経科の医者を紹介する。同じように、行政書士もそれぞれ専門をもち専門以外のことは行政書士同士が紹介し合っている。
 医師は専門分野を積極的にPRする。患者は体調・疾病にマッチした医療機関の選択が可能になるうえ専門医の的確な診療を受けられる。
 人びとが法による解決を余儀なくされた時、自らの判断で事を処理できない時は専門家である行政書士の門をたたき任すことになる。どこにそのような行政書士がいるのか、この分野を得意とする行政書士は誰か。「風俗営業許可は私の事務所へいらっしゃい」というのがBさんのPRである。一般の人びとへは勿論のこと、行政書士や税理士、弁護士などへも自分の専門はPRしておくことである。