◆はじめの一歩

 行政書士は、これから事業を起こす起業家、商売を始めようとする事業者にまず第一番目に知り合う。営業の免許を取得する。会社を設立する。「はじめの一歩」すべてはそこから始まる。行政書士が手伝う仕事は豊富である。
 社会保険労務士は、社会保険や労働保険の新規適用申請を業務とする。設立してから何年も経た会社へ営業しているが労多くして益少なしである。法律に決められているから労働保険に加入しなさいと業務の誘致や指導をしたところで、法律論はそうであったとしても、実際にはなかなかムズカシイ。
 それよりも、「はじめの一歩」にその企業と出合うことである。
 事業を始める、会社を設立する、その「はじめの一歩」にどのような手続があるだろうか。
 従業員を雇うならば、就業規則を作る、賃金規定を作る、退職金規程を作る。「はじめの一歩」の仕事としてやらなければならないことは多い。社会保険や労働保険の話しをするのは依頼者と信頼関係を築いてからでよい。やがて機会が来る。
 労働保険は企業にとってなぜ必要なのか?どのようなときに役立つのか?法律論ではなく、わかりやすく話しをする機会が来る。信頼関係に成り立つから依頼者は理解をする。それが納得である。
 さらに、保険とは何なのか?損害保険や生命保険はなぜ必要なのか?リスク・マネジメントが必要なのはなぜか?生まれたばかりの企業と「はじめの一歩」を歩む。
行政書士の業務がプラスされてはじめて社会保険労務士の資格が活かされる。社会保険労務士の資格だけで営業するのでは顧客対象を自ら狭くしているようなものである。会った人すべての人びとが顧客の対象になるように大きく広く営業ができる。
 社会保険労務士の資格を取ったならば、次は行政書士の資格も取り業務を拡げよう。