◆合格への王道

 試験科目の出題のされ方および内容は年度ごとに若干の相違はあるにしても、基本的にはその傾向というのは定まっている。本年の試験対策も、この出題傾向にそって対策を講じていくことが最短の合格法である。
 合格という栄冠を勝ち取るためには、まず第一にアセッタリ、途中でアキラメたりせずに、最後までやり切ることである。
 受験勉強イコール辛いもの、そのツライのをガマンしてやるというのは今日ではもうハヤラナイ。行政書士試験のために勉強するというのではない。強いて勉めるのではなく、気楽に楽しく勉強していただきたい。どうしたら、オモシロおかしく勉強できるか工夫して勉強していただきたい。そのためにも、それぞれの試験科目に興味をもっていただき、最初はちょっと辛いかもしれないが、学ぶ対象に共感、共鳴することによって、自分の心が感じ、動くということでなければならない。その結果は不思議だったり、驚きだったりする。
 オモシロく、楽しく、明るく勉強すること、それが合格への王道である。