◆建設業許可申請業務

 N事務所の主な業務は、建設業許可申請書の作成である。行政書士には、5,000種類以上の業務があるといわれるが、ひとつの事務所が手がける業務はそんなにも多くはない。2、3の主たる業務を決め専門分野を確立している。医者といっても内科、小児科、眼科、耳鼻科などとそれぞれ専門があるように、行政書士も、建設・宅建関係、会社・法人設立関係、外国人在留・国籍関係など、それぞれが得意な分野、専門分野をもっている。行政書士で成功する秘訣のひとつは、専門分野を確立することでもある。
 「行政書士さんって、何をしているのですか?」と聞かれて、「官公署へ提出する書類を作成する」「許認可手続をする」といっているようでは成功はおぼつかない。自分の業務をわかりやすく人びとに伝えることが、まず先決である。事務員が多いから立派な事務所だ、いい事務所だとはいわないが、東京には事務員80名、顧客8,000社のO事務所、また札幌にも、同じく事務員80名のS事務所がある。そのほかにも事務員が何人も働く行政書士事務所は東京をはじめ全国各地に存在している。とにかく、行政書士は多くの顧客(client)をつくれる資格であることは間違いがない。